FC2ブログ

寝不足になりそう😅

20-07-11 タムロン180


三女と遠隔で次女が「とにかくいいから。お母さん向きだから。」と”鬼滅の刃”を押してくる。
仲間内でも何氣に話題になっているので興味はあった。
コミックは手元にないので、三女が用意してくれてアニメを一緒に観はじめた。
アニメの展開は早く、もう少し丁寧な描写が欲しいとは思ったが
なるほど、自分の否定性を観るときの姿勢と重なる。
主人公は その鬼がそうなるに至った背景を思い 理解を示し 常に対等に接し 認めている。
だが、人を食う行為に対しては許されるものではなく愛をもって切る。
IREが主人公のエッセンスが師匠に感じるものと繋がると言っていたのもわかる。

すっかりハマってしまった。
旦那と散歩で行った本屋さんで”鬼滅の刃”5巻分をねだって買ってもらった。




これって

20-07-10 タムロン180

昨日のシェア会で話されたことを思い返し、
録音を聞き返したりして虚無について考えていた。
根底からひっくり返るけど、わたしは いつも虚無感を感じていたのかもしれない。
何もなくても書いていたノートにはネガティブな言葉がいっぱい並ぶ。
それも 首が痛い 背中が痛い もうやらないとか もう嫌だとか 何もしたくないとか …。
生きてることがしんどいって。
全部吐き出そうと面白がって書いていたので そこに飲まれるという感じではなかった。
とても元氣な感じの後ろ向きな一つの人格が浮かび上がってきたなと思っていた。
これも「わたしは満たされている」効果なのか?
要観察だ。


おかえり

20-07-09 タムロン180


静かな寝息が聞こえる。
昼近くになっても起きない三女。
すっかり夜型の生活になっていたのかな。
久しぶりに会ったけど そんな感じもなく感動的なこともなく
昨日もこうだったかなと思える。
自分の内側は複雑で、嬉しいけど ちょっと未知なことへの戸惑いもある。
内側も外側もじっくり観察していこう。

さぁ、今日はリアルとデジタルのミックスシェア会です。
よろしくお願いします。

それもアリ

20-07-08 タムロン180

昨日、MMSを飲みたくなくて、つい避けてしまうと言っていたが、
あの後、次に飲むのを完全に忘れていて、
ふっと「あ、飲まなきゃ!」って時計を見たら ピッタリの時間で スッと飲めた。
飲もう飲もうとすると氣を逸らすのに、忘れてると教えてくれる。
逸らしたのは誰?教えてくれたのは誰?

そして、三女が戻ってきた。
今後のことは まだ色々考えている途中のようだ。
また 波乱があるかな。

飲みたくない〜

20-07-07 タムロン180

MMSの好転反応らしきものが落ち着いてきたので、今日は 3滴/1回 1日8回で試してみようと思う。
どこかで効いているのは実感しているから飲むことを決めているのに どうにも飲みたくない自分が遠ざけようと必死になっている。
用意するのに時間をかける。別のことをしようとする。時間を忘れようとする。もう少し後でも大丈夫と思わせる。今もブログを書くことを口実に先延ばしにしようとしている。隙あらば他に目を持っていく。
意識して自分を観察しているから そんなことに氣づいて笑えるのだが、無意識な時間が多ければ 本当に忘れてしまうかもしれない。
向き合いたくない自分に対しても そうやって逃げていたのかと思う。
今はできるだけ多くの自分を見つけて判断なく受け入れたいと思っている。
だからリラックスしてWelcomeな姿勢で自分を観察することを心がけているつもり。
あ、忘れないうちにMMSを飲んでこよう。

プロフィール

Kaori

Author:Kaori
ようこそ!
古いカメラやレンズが好きです。
2014年から最近まで写真ブログでした。
写真を見に来られた方は すみません。
カテゴリーから昔の写真をご覧ください。カメラ・レンズ別になってます。
50を過ぎて音楽を始めました。自分力仲間とのバンドではベースを担当しています。
オリジナル曲を演奏しています。上達はゆっくりですが、仲間と音を合わせ、統合の感覚を その喜びを その心地良さを味わいたいです。
そして とうとうアコギも始めました。只今「夢の中へ」を練習中😅

現実は自分が創造している。
私が変われば世界が変わる。
少しずつ信じられるようになってきました。

このブログの文章には仲間内にしかわからないことや内輪の人物の名前も出てきます。



掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。

メッセージをどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR