FC2ブログ

今日から

5-14 ライカ ニッコール

Don't stop me now の練習を始めた。
頑張るわ




1 ライカ ニッコール

師匠が どんな想い、どれほどの愛で向き合ってくれていたのか
そのほんの入り口を知ったように思った。
ずっと、愛を知りたい。無条件の愛を経験したい。愛で生きたい。
そう渇望していた。
その望みが叶い始めてるのかもしれない。


シリーズ 次女と

2 ライカ ニッコール

次女が私の顔をみて
「お母さん、すっぴんだよね?どうしよう、今日は私もすっぴんだから、引っ越し業者の人に お母さんの方が綺麗って思われたら嫌だー!」
と言い出した。
額面通りには受け取れないが、褒められてるなら悪い気はしない。
な、なのに… 近くに来た次女が
「お母さんの顏、象の皮膚みたい。しわが!」
って なんやねん (♯`∧´)
コントか!


今日はシェア会です♪よろしくお願いします。


次女との会話から

3 ライカ ニッコール

次女と久しぶりにゆっくり話せた。
隠していたつもりはないのだが、
今回 初めて聞いた話が多かったらしく驚いていた。
私が小さい時は 育った我が家が 他の家と違い過ぎて
なんで普通の家に生まれなかったんだろうと思っていたと言ったら、
次女が私もそう思ってたって(笑)
お母さんにママ友がいなくて お泊りで遊ぶことができず寂しかったこと。
ご飯が黄色(玄米)や紫(黒米)で恥ずかしかったこと。
今でこそ、それで良かったなって思えるけど、小さい頃は普通の家が良かったと思ってたと。
私も次女も「私だけ みんなと違う」と思っていたわけだ。
観念って 経験してきた事の問題ではなく、こうやって受け継がれていくのかと納得した。


解消するとき

33 ライカ ニッコール


近所のスーパーで昔の知り合いを見かけた。
10年以上前に上のお嬢さんを亡くされた方だ。
うちの子たちとは年齢が近いので子ども同士はよく遊んだようだ。
その縁でお葬式にも参列した。衝撃的なシーンも見た。
心が重かったのは 娘さんを亡くした気持ちを思い、いたたまれなくなったからだと思っていた。
今日、ちらっと見かけた時にも心が重くなった。
それは 私だけ幸せになったら申し訳ないというものだった。
なんと失礼な。
そこから 相手への信頼について考えていたら
下のお嬢さんが一緒にみえたことがわかった。
そのお嬢さんは可愛いらしい赤ちゃんを連れていた。
10年以上止まったままだったのは私だと思った。





プロフィール

uokao

Author:uokao
ようこそ!
好きなことは写真を撮ること。それもアナログなカメラが好き。撮った写真をカメラワークの仲間とZINEにしたり 展示したりして、いろんな人と縁を繋いでいます。
音楽を初めて1年になろうとしています。エレキベースでディープパープルを弾いてるなんて、今でも信じられません。

現実は自分が創造している。私が変われば世界が変わる。
少しずつ信じられるようになってきました。

このブログの文章には時々その仲間内にしかわからないことや内輪の人物の名前も出てきますが、そんなときは どうぞ写真を楽しんでいって下さい。



掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。

メッセージをどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR