FC2ブログ

この木

59 DSC04753 タクマー



友人の家の木。
訪れたときは いつも穏やかで どっしりとした印象なのに どこかお茶目な波動を放って迎えてくれる。
傍にいると 安心できる大きな存在だ。










曼珠沙華

53 DSC04731 タクマー



カメラワークの写真展の会場で展示のレイアウトを確認をしました。
本当にここで写真展をするんだと実感が湧いてきました。
これまでの展示では なかったような刺激を受けて作業が楽しいです。

そして、今日の写真は帰りに撮った曼珠沙華です。
タクマー、ここまでやるのかぁと感動しました。



カホゴ

34 DSC04689 タクマー


キーワードは過保護だった。
左斜め後ろからやってきたような言葉に 一瞬ポカンとしてしまった。
基本だった。否定してるから 無意識に出ていて、引き寄せていた。
これまでのこととも繋がった。
そして 夢にまで出てきた。
夢の中で私は 母の過保護を恋しがっていた。
そうか 本当は過保護を求めていたんだ。
それを愛だと思っていたんだな。







ふ~っ

42 DSC04705 タクマー



写真展の私の作品だけが まだできてないー💦
妥協したくないし、きっと納得するものが出来てくると信じてます。 頑張ります!






面白い

45 DSC04673 タクマー


予定していたのとは違うメンバーではあったけど、
今日の自分力メンバーとのお茶会とその後のやり取りが良かったと心から思う。
お茶会後の友人とのやり取りから ハッとすることがわかり、我ながらビックリしたけど、昨日のカメラワークでハッとしたことと、繋がってるなと感じている。そこを掴めば もっと簡単になるような感覚を持った。
一生懸命やってるんだけどズレていたりして、恥ずかしくなることも多々あるけど、そこも含めて 面白いと思った。
写真展の準備も自分力メンバーとのやり取りも活発に動いていて楽しい。



カメラワーク

21 DSC04613 タクマー


今日のカメラワークは 予想外のことが起き、とってもながーいワークとなりました。
何が起きても それはより良きことのためにあるということ。 成長するチャンスだと信じること。を 強化したように思います。
長くて肉体的には疲れたとも言えますが、充実していて 最善の選択だったと思えます。
写真展のことも もう一度検証する必要がありそうですが、きっと もっと良くなると思います。




創造

32 DSC04688 タクマー
久しぶりにタクマーで撮ったら 何だかときめいてしまって 暫くタクマーばっかりになりそうです。


セルビアから帰国した友人が 滞在中の写真を編集してみせてくれた。
テレビの画面でみたので 迫力もあって、一枚一枚に解説も付けてくれたので 見応えがあって とっても良かった。きっと楽しかったんだろうなと私まで楽しくなって夢中になっていた。

そんな時間を過ごしたら 今の私はちょっと逃げ腰だと思った。
だから、ちゃんと中心にいて「 自分でできる。私が選択する。」と決めた。






長期的な視野

33 DSC04676 タクマー


「長期的な視野で見るように。行く先が明確なら今すべきこともはっきりわかりますよ。」
パシャールメッセージより。
早く解決することが大事。すぐに結果が得られなければ意味がない。
こんな観念から よく焦りを感じる。
「行く先」を確認することで 今に戻れると感じた。
今、自分に問うてるからかなぁ。



こうきましたか…

27--DSC04641 タクマー


今 ここにいる、完璧だ、存在を認める…
が 出てこないほど 瞬間 痛すぎた。
この言葉を言っても 押しもどされそうな感覚。
バスの窓から ぼんやり外を眺めていると自己憐憫の感覚が出てくる。
ハッとして、いかん!私はこの波動でいたいわけじゃない。
これだけ 感情が揺れるのは 間違いなく 統合してほしがってるもの。
中心に戻って全体像を観よう。



お疲れさま

30 DSC04632 タクマー
今年最後の紫蘇ジュース。麦茶ではありません。



プロフィール写真のご依頼があり、今日撮影しました。
もともと知り合いなので、お互い緊張はあまりなく 楽しい時間でした。
私が知っている彼女の可愛らしさを撮れたと思います。




プロフィール

uokao

Author:uokao
ようこそ!
好きなことは写真を撮ること。それもアナログなカメラが好き。撮った写真をカメラワークの仲間とZINEにしたり 展示したりして、いろんな人と縁を繋いでいます。
ベースを初めて1年半。なかなか上達しません💦仲間と音を合わせる喜びをその気持ちよさを味わいたいです。

現実は自分が創造している。
私が変われば世界が変わる。
少しずつ信じられるようになってきました。

このブログの文章には時々その仲間内にしかわからないことや内輪の人物の名前も出てきますが、そんなときは どうぞ写真を楽しんでいって下さい。



掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。

メッセージをどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR